コンテンツにスキップする
Photographer: Julia Schmalz
cojp

米10年債利回り、年末までに4%に-元ブラックロックの債券運用者

  • 現在はグラント・サミュエルの投資コンサルタントのミラー氏
  • 3.5-4%なら株式リターンが損なわれるとは思わない
The U.S. Treasury building stands closed in Washington D.C., U.S., on Thursday, Oct. 3, 2013.
Photographer: Julia Schmalz

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックの債券運用者だったスティーブン・ミラー氏は、10年物米国債利回りが年末までに4%に達すると考えている。

  ブラックロックに14年在勤した同氏はインタビューで、「世界は危機前にわれわれが知っていた状態へと戻ろうとしている」と語り、世界的な経済成長に加え、先進国・地域のインフレ率が中央銀行の目標にかなり近づく状況に戻る中で、債券投資家は必要な金融政策引き締めの度合いを過小評価していると指摘した。

  ミラー氏は堅調な企業利益を伴う米経済のこうした環境に市場が適応し、中銀の刺激策が継続的に縮小されることから、10年債利回りが2018年末までに3.5-4%に上昇するだろうと述べた上で、米経済が低金利と緩和的金融政策の時代を脱しつつあり、投資家は2%の名目成長率と2%のインフレを投資の前提としなければならないと論じた。

A 4% Treasury Yield?

  株式については「債券利回りが3.5-4%のレンジに抑えられている限り、リターンが損なわれる先触れになるとは思わない」と話し、S&P500種株価指数が今年1桁台半ばのプラスリターンをもたらすと予想した。ミラー氏は現在、グラント・サミュエル・ファンズ・マネジメント(シドニー)の投資コンサルタント。ブラックロックではオーストラリアの債券チームを率いていた。

原題:Ex-BlackRock Manager Sees 4% U.S. Yield on Policy Normalization(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE