コンテンツにスキップする
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg
cojp

日経平均「月初高」に暗雲、2月までは20カ月連続

更新日時
  • 記録は16年7月から続く、明確な要因分析は難しいと市場関係者
  • 海外勢などの動き影響か、あくまでアノマリーと冷静な声も
Pedestrians are reflected in an electronic stock board outside a securities firm in Tokyo, Japan, on Tuesday, Feb. 6, 2018. Japan's broad Topix index and blue-chip Nikkei 225 Stock Average were poised to enter a correction as the nation's shares headed for the biggest decline since June 2016, following U.S. peers lower amid rising concern that inflation will force interest rates higher.
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

2016年7月から20カ月連続で達成していた日本株市場の記録は、毎月第1営業日に日経平均株価が上昇する「月初高」のアノマリー(理論的根拠のない経験則)だ。世界的な株価急落を経た3月は波乱の芽がなお残り、記録更新の流れがストップした。

  日経平均は16年6月1日の279円(1.6%)安を最後に月初高が続き、ことし1月4日の大発会は741円高(3.3%)、2月1日は387円(1.7%)とことしも先月までは好調を維持していた。しかし、3月相場に入ったきょうは343円77銭(1.6%)安の2万1724円47銭と大幅続落。前の日の米ダウ工業株30種平均は380ドル下げる大幅安だった。

日経平均株価の月初値動き

  東海東京調査センターの仙石誠マーケットアナリストは、「1日ごとの投資家の資金フローを分析することができないだけに、たまたま月初だけ上がっていただけなのか、要因を明確に判断するのは難しい」とした上で、それでもこれだけ長期間にわたり継続したからには、「日本株で売買ウエートの高い海外投資家のフローが影響を及ぼしている可能性が高い。海外投資家の資産配分のバランス変更などが影響している」と言う。

  仙石氏は、「16年あたりはグローバル投資家が日本株をアンダーウエートしていた。日本株のウエートを引き上げようとする中、グローバルのボラティリティーが低下基調で、株式にリスク資産が入りやすい流れも重なったが、たまたま月初というタイミングだったのではないか」と推測。さらに、16年11月など複数月でボラティリティーが上昇した局面でも月初高が続いた点を挙げ、「おそらく局所局所で買い手が違う。さまざまな投資家の買いが合致したのが第1営業日だった」とみている。

  いちよし証券の大塚俊一投資情報部長は、「機関投資家の中には月末にリバランスして次の月初にというところもあるだろうし、月初高の要因はいろいろな要因が重なって続いてきているのだろう」と分析。一方で、「月初だけ高いということに意味があるのか。一つのアノマリーで、それほど重要視すべきことではない」と冷静に受け止めている。

  2月までの過去20カ月の日経平均月初の動きをみると、最も上昇率が高かったのは17年1月の479円(2.5%)、低かったのは16年11月の17円(0.1%)。東証1部全体の値動きを示すTOPIXの第1営業日上昇の連続記録は、直近では16年9月ー17年9月の13カ月で途切れていた。

米投資家の恐怖心理、VIXはこう動いた
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE