ロウズ:11-1月の既存店売上高、ホーム・デポほど伸びず-株価下落

ホームセンター運営の米ロウズが発表した2017年11月-18年1月(第4四半期)決算は利益がアナリスト予想に届かず、通期の利益見通しも市場予想を下回った。米国で続く住宅価格上昇は、ロウズよりも競合ホーム・デポに追い風になっているもようだ。 

  28日の米株式市場でロウズ株は一時、9.4%安まで売り込まれた。

  ロウズの28日発表資料によると、11-1月期の一部項目を除く1株利益は74セント。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は87セントだった。粗利益率は33.7%に低下した。

  既存店売上高は4.1%増加し、伸び率はコンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想平均の3%を上回った。それでも、同期に既存店売上高が7.5%増加したホーム・デポには及ばず、7四半期連続で水をあけられた。

Big Miss

Lowe's earnings fell short of estimates by the widest margin on record

Source: Bloomberg

Note: Comparable adjusted earnings per share is the reported value with extraordinary items factored out to make it similar to analysts' estimates

  ロウズは19年1月期業績見通しを初めて示し、1株利益5.40-5.50ドルを見込むとした。アナリスト予想平均は6.01ドル。

原題:Lowe’s Punished by Investors for Not Growing Like Home Depot (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE