クシュナー氏、トランプ政権最高機密へのアクセス不能に-関係者

Jared Kushner Photographer: Alex Wroblewski/Bloomberg
Photographer: Alex Wroblewski/Bloomberg

トランプ米大統領の娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナー氏は、ホワイトハウスによる広範囲な検査の一環で最高機密情報の取り扱い許可を失い、極秘扱いの大統領日例指示(PDB)や戦争関連の情報の閲覧と国家安全保障局(NSA)の一部会合への出席がもはやできなくなる。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  クシュナー氏の情報アクセスが制限されたことで、トランプ政権の中東和平の主要交渉者としての役割に影響する可能性が出てきた。ただ、ホワイトハウス報道官はクシュナー氏が複数の役割をどう遂行できるかについて何一つ変化はないと言明した。

  ケリー米大統領首席補佐官による新たな指示に基づき、連邦捜査局(FBI)の身元確認調査が済んでいないホワイトハウス当局者は以前閲覧できた極秘情報にアクセスする暫定許可を失った。クシュナー氏もその1人で、調査結果が出るのを待っている。

原題:Kushner Is Said to Lose Top-Level Clearance Amid Kelly Crackdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE