JPモルガン、債券トレーディング優位揺らぐ-シティと欧州勢追い上げ

  • JPモルガンとゴールドマン・サックスがシェア落とす
  • 株式ではフランスのBNPパリバがシェア拡大

 昨年の債券トレーディングへの逆風は市場シェア1位の米JPモルガン・チェースに特に響いた。米シティグループと欧州勢がシェアを伸ばし、JPモルガンのほかゴールドマン・サックス・グループがシェアを落とした。

Gaining Ground

Citigroup inched closer to market leader JPMorgan in fixed-income trading

Souce: Company filings

The figures show the percentage-point increases or decreases for the firms' market shares. Market size is based on the trading revenues of the 16 largest global broker-dealer banks.

  債券・通貨・商品(FICC)トレーディング業務での業界収入780億ドル(約8兆4000億円)におけるJPモルガンのシェアは1ポイント余り低下し16.4%。主要16社の最近の発表から分かった。シティは0.5ポイント余り伸ばし15.5%。欧州のクレディ・スイス・グループとクレディ・アグリコルもシェアを伸ばした。

European Shuffle

BNP Paribas led the gains in equities while Credit Suisse lost the most

Source: Company filings

The figures show the percentage-point increases or decreases for the firms' market shares. Market size is based on the trading revenues of the 16 largest global broker-dealers.

  債券と株式を合わせたトレーディング収入で米銀は60%近いシェアを持ち依然として優位。株式と関連デリバティブのシェアでは、フランスのBNPパリバがシェアを1.2ポイント伸ばし5.2%と健闘。クレディ・スイスは後退した。株式ではモルガン・スタンレーがトップの座を2014年にゴールドマンから奪った後、その差を広げている。

原題:JPMorgan’s Bond-Trading Lead Slips as Citigroup, Europeans Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE