ノルウェー政府系ファンド、2017年に14兆円のリターン-株価上昇で

  • ポートフォリオは株式66.6%、70%の目標に近づく-債券30.8%
  • 個別銘柄ではアップル、ネスレ、シェルを多く保有

ノルウェーの政府系ファンド(SWF)は2017年に1310億ドル(約14兆円)のリターンを挙げ、運用資産1兆ドルを突破した。

ノルウェーSWFのイングベ・スリングスタッドCEO

Photographer: Krister Soerboe/Bloomberg *** Local Caption *** Yngve Slyngstad

  世界の上場株式の平均1.4%を保有するノルウェーSWFは同年中に石油・ガス株投資からの引き揚げを提案し、市場に衝撃を与えた。運用スタイルはほぼ指数追随型だがアクティブ運用の余地も一部残しており、リターン改善のためポートフォリオに占める株式の割合を70%に高める過程にある。同SWFは幹部報酬、企業の不正、持続可能な投資などの分野でも影響力を拡大させつつある。

  17年の運用成績はプラス13.7%で、株式相場の上昇が後押しした。株式は19.4%、債券は3.3%、不動産は7.5%のリターンをそれぞれ挙げた。17年末時点でポートフォリオに占める比率は株式が約66.6%と目標の70%にやや近づき、債券は30.8%、不動産は2.6%だった。

  株式のうち最も投資額が大きかったのはアップル、ネスレ、ロイヤル・ダッチ・シェル。債券では米国債、日本国債、ドイツ国債を多く保有していた。

原題:World’s Biggest Wealth Fund Returned $131 Billion in 2017(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE