Photographer: Freya Ingrid Morales

マイナス金利下の最も幸福な国民、資産が増えてますます幸せ

  • 平均的世帯の純資産、約3370万円に増加-最新家計資産調査
  • 家計資産は過去最高水準、平均的家計はかつてないほど裕福

国連の幸福度番付で常に上位となるデンマークの国民はさらに幸せになった。資産が過去最大に増えた。

  マイナス金利が5年以上続くデンマークでは不動産価格が上昇し、平均的世帯の純資産が190万クローネ(約3370万円)に増加した。最新の家計資産調査が示した。

  ニクレディト(コペンハーゲン)のエコノミスト、トーレ・ストラマー氏は「家計資産は過去最高水準にある。平均的な家族がかつてないほど裕福だということだ」と話した。

  自国通貨をユーロ相場に連動させているデンマークは、「AAA」格付けのクローネ建て資産への需要による通貨上昇を抑えるためマイナス金利を採用。しかも欧州中央銀行(ECB)よりも金利を低くする必要がある。2012年半ばからマイナスとなっている政策金利がプラスに転じるのは2020年になると、ノルデアは予想している。

原題:They’re Richer Than Ever in the Land of Negative Interest Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE