イーベイがQoo10の日本資産買収で合意近い、750億円規模-関係者

  • 北東アジアにおけるイーベイの地位が強化される見通し
  • 同業の楽天、ヤフー、スタートトゥデイ株が東京市場で軒並み安

イーベイは、インターネット通信販売サイト「Qoo10」が保有する日本資産の買収で合意に近づいている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  詳細は非公開だとして匿名を条件に語った同関係者によると、カリフォルニア州サンノゼに本社を置くイーベイは、シンガポール拠点の合弁パートナー、ジオシスから資産を購入する。取引の規模は7億ドル(約750億円)。

  Qoo10にとって日本は最大の市場。シンガポール・プレス・ホールディングスやサバン・キャピタル・グループ、オーク・インベストメント・パートナーズなどの投資家から支援を受けているQoo10は、シンガポールやインドネシア、マレーシアでも電子商取引ビジネスを手掛ける。

  今回の資産買収によって北東アジアにおけるイーベイの地位が強化される見通し。同社は2009年に韓国のネット小売り、Gマーケットを12億ドルで買収した。

  Qoo10とジオシスの担当者にコメントを求めたが、今のところ返答はない。イーベイの担当者はコメントを控えた。

  27日の東京市場で主要株価指数が上昇する一方、同業の楽天の株価が一時1.6%安、ヤフーは同1.5%値下がりした。スタートトゥデイは同4.8%安。

原題:EBay Is Said Near $700 Million Deal for Qoo10’s Japan Assets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE