BofA:向こう4年間で全米に500支店開設へ-5400人強採用を計画

  • オハイオ州で新たにリテール・サービス提供へ
  • 昨年12月時点の米支店数は4470、従業員は約21万人

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)は向こう4年で全米に500支店を開設する計画だ。同計画にはリテール事業のオハイオ州進出も含まれる。

  BofAは26日の発表資料で、コンシューマー・バンキング・サービスをオハイオ州のシンシナティとクリーブランド、コロンバスで提供すると説明した。同州では既にウェルス・マネジメントのほか、コマーシャル・ビジネス・バンキングを提供している。また全米規模の事業拡大の一環として5400人強を採用する予定。昨年12月時点で、同行の米国内支店数は4470で、従業員数は20万9000人。

原題:Bank of America to Open 500 U.S. Branches, Expand Into Ohio (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE