JPモルガン、デル氏の投資会社などから空中権取得-関係者

  • MSDキャピタルの共同経営会社から空中権65万平方フィート取得
  • ニューヨークの本社ビル建て替えに向けた取引、購入額は不明

米銀JPモルガン・チェースはニューヨーク・マンハッタンのミッドタウンに新たな本社ビルを建設するために必要な空中権の大部分を、グランド・セントラル駅の空中権を持つパートナーシップ(共同経営会社)から取得したと、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  合意について話す権限がないことを理由に関係者が匿名で語ったところでは、デル創業者マイケル・デル氏ら一族の投資会社MSDキャピタルとニューヨークに拠点を置く不動産会社TFコーナーストーンが管理するパートナーシップから、JPモルガンが空中権約65万平方フィート(約6万390平方メートル)を購入した。購入額は明らかにしていない。

ニューヨークのJPモルガン本社

写真家:Michael Nagle / Bloomberg

  MSDの広報担当トッド・フォガーティー氏とTFコーナーストーンの広報担当ジェレミー・ソフィン氏はいずれも取引に関しコメントを控えた。JPモルガンの広報担当アンドルー・グレー氏に電子メールでコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。空中権を一部保有するアージェント・ベンチャーズにも電話取材を試みたが、今のところ応答はない。今回の空中権の売買を巡り、26日にクレインズ・ニューヨーク・ビジネスが先に報じていた。

  JPモルガンは先週、ミッドタウンのパーク街270番地にある本社を取り壊し、総面積250万平方フィートの高層ビルに建て替えると発表していた。

原題:JPMorgan Said to Buy Rights for HQ From Michael Dell Partnership(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE