Photographer: Michele Limina/Bloomberg

クレディS:投資銀で約250人移動計画、英EU離脱対応第一弾

Photographer: Michele Limina/Bloomberg

クレディ・スイス・グループは、英国の欧州連合(EU)離脱への対応の第一弾として、投資銀行部門で約250人を配置転換する計画だと、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  計画は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、トレーディングやM&A(企業の合併・買収)助言を手掛ける従業員がロンドンからフランクフルトまたはマドリードに移る公算が大きい。移転先としてパリは却下されたという。現地の監督当局や政府当局者らとの協議後、フランスへの移転計画を撤回したと関係者らが述べた。

  クレディ・スイスは英EU離脱後に現在ロンドンで行っている業務をどうするかについて、まだ明確にしていない。ウルス・ローナー会長は今月、離脱交渉の行方が不透明な中で各銀行は今後2、3カ月内に応急的な計画を発動させなければならないだろうと語っていた。

  クレディ・スイスの広報担当者は、EUと英国の間に合意ができない状態での離脱となる「ハード・ブレグジット」の場合にEU内の顧客と市場へのアクセスを維持するための最良の方法を「引き続き模索している」とし、計画の詳細についてはコメントを控えた。

原題:Credit Suisse Said to Plan 250 Relocations in First Brexit Shift(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE