アジア株続伸:香港株高い、東亜銀が8日続伸-中国本土株も上昇

  • MSCIアジア太平洋指数、3週間ぶり高値となる勢い
  • ハンセン指数、0.7%高-上海総合指数は1.2%上昇

26日のアジア株式相場は続伸。米連邦公開市場委員会(FOMC)が緩やかな利上げペースを維持するとの見方から先週末に米国株が値上がりした流れを引き継ぎ、MSCIアジア太平洋指数が続伸している。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時43分(日本時間同5時43分)現在、前週末比0.8%高の179.57。このまま引ければ約3週間ぶり高値となる。

  香港市場ではハンセン指数が0.7%高の31498.60で終了。中国本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は0.8%上げた。東亜銀行は3.1%高で引けた。8営業日続伸と、2010年10月以来の長期上昇局面。

  中国本土の上海総合指数は1.2%高、深圳総合指数は2.2%上げた。

原題:Asian Stocks Extend Rally as Chinese Automakers Lead Advance、 Bank of East Asia Rises for 8 Days; Longest Rally in 7.5 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE