メルケル独首相、党内右派の若手を保健相候補に起用-大連立内閣

  • CDU内の批判者の要求を受け入れることで求心力回復を目指す
  • 3月4日公表のSPD党員投票結果が大連立発足への最後のハードル

ドイツのメルケル首相は自身が率いるキリスト教民主同盟(CDU)の保守派の若手政治家を大連立政権の閣僚候補に指名した。中道的な政策アプローチを維持しつつ、党内の批判者らの要求を受け入れることで、求心力回復を目指す。

  CDU右派を率いるイエンス・シュパーン財務次官(37)は大連立政権が発足した場合、保健相に就任する。CDUに分配される6つの閣僚級ポストのうち、シュパーン氏の起用が目玉となる見込み。 

  メルケル首相は閣僚の若返りを求める声に応えたほか、閣僚の男女比格差を解消するとした公約を実行した。

  CDUは26日の臨時党大会で、社会民主党(SPD)との連立合意を承認する見込み。3月4日に公表されるSPD党員投票の結果が大連立政権発足への最後のハードルになる。

原題:Merkel Appoints Conservative Flag Bearer to New German Cabinet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE