メキシコ大統領の訪米計画が無期延期、トランプ氏との電話後-当局者

  • トランプ氏が国境の壁問題を取り上げた後に訪米計画中止に-WP紙
  • ペニャニエト大統領の訪米計画は2月14日に発表されていた

メキシコのペニャニエト大統領が今月か来月にトランプ米大統領とホワイトハウスで会談する暫定案は、無期延期となった。同計画について知る当局者2人が明らかにした。

  トランプ氏が先週のペニャニエト大統領との電話会談で、国境の壁費用をメキシコが負担しないと公に認めることに同意しなかったため、訪米は中止になったと米紙ワシントン・ポストは伝えている。同当局者らはこの報道内容を確認しなかった。訪問中止はメキシコのニュース雑誌プロセソが2月20日に伝えていた。

  当局者が匿名を条件に語ったところによると、12月に退任するペニャニエト大統領は会談がある時点で実現することを引き続き期待している。

  ホワイトハウスとメキシコ大統領府はいずれも2月20日、両首脳が電話会談したことを明らかにした。ホワイトハウスはトランプ大統領が治安や貿易、移民の面で関係強化に取り組む姿勢をあらためて示したと説明したが、国境の壁やペニャニエト大統領の訪米計画には言及しなかった。メキシコ外務省や大統領府の報道官は電話会談について発表文以上のコメントを控えた。

  訪米計画はメキシコのビデガライ外相がワシントンを訪問し、米当局者と会談した後の2月14日に発表されていた。

原題:Pena Nieto Trip to U.S. Called Off After Phone Call With Trump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE