コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

中国共産党:習国家主席の任期制限撤廃へ、政権の長期化狙う

中国共産党は、憲法で規定されている国家主席の任期制限を撤廃する。習近平主席が第2期を終了する2023年以降も、続投を容認する方向性が示された格好だ。中国は集団指導体制に基づく政治システムから脱却することになる。

  共産党中央委員会は25日、国家主席は連続2期を超えて継続することはできないと憲法に明記されている箇所を削除することを提案した。この条文を取り除くことによって、習氏は無期限で政権の座に就くことが可能となる。

  昨年10月の共産党大会で習氏が党の総書記に再任された際、要職人事に次の世代を起用しなかったことから習主席が任期撤廃に動くとの見方は強まっていた。

  中国共産党の資本主義についての共著もあるフレーザー・ハウイー氏は「習氏は自身をロシアのプーチン大統領と比べているだけでなく、プーチン氏を模範としている。ロシアがどのように発展しているのかを考察している」と述べた。  

原題:China’s Xi Follows Putin in Laying Ground to Rule for Decades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE