S&P:ロシアを12年ぶりに格上げ、ジャンク級から「BBB-」に

  • 慎重な政策対応を反映、格付け見通し「安定的」
  • フィッチは投資適格級格付けを確認、見通しも「安定的」

S&Pグローバル・レーティングはロシアの信用格付けを2006年以降で初めて引き上げ、投資適格級とした。過去3年間はジャンク級(投機的水準)だった。

  23日の発表文によると、S&Pはソブリン格付けを「BB+」から「BBB-」に引き上げ、カザフスタンやブルガリア、インドネシアと同等とした。格付け見通しは「安定的」。ロシアの格付けを既に投資適格級としているフィッチ・レーティングスは23日、「BBB-」を確認し、見通しを「安定的」とした。

  S&Pは今回の格上げについて「ロシア経済が慎重な政策を採ることで商品価格下落や国際社会からの制裁に適応できた実績を反映する」と説明した。

原題:Russia Gets First S&P Upgrade in Over Decade to Exit Junk Status(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE