トランプ大統領:米国のTPP復帰の「可能性はある」-条件改善なら

  • TPPは米国にとって非常に悪い取引だった-トランプ大統領
  • ターンブル豪首相、米国にTPP復帰を非公式に促す見通しだった

トランプ米大統領は23日、環太平洋連携協定(TPP)について、米国がより良い条件を交渉できるなら復帰を検討する考えを表明した。

  ホワイトハウスでオーストラリアのターンブル首相との共同記者会見に臨んだトランプ大統領は、「TPPは米国にとって非常に悪い取引だった」と述べ、より良い条件が提示されれば参加する「可能性はある」と述べた。ターンブル豪首相はTPPへの復帰をトランプ大統領に非公式に促すと見込まれていた。

  トランプ大統領はTPPのような多国間協定よりも「二国間協定」を好むと述べ、米豪両国の「互恵通商協定は他国のモデルだ」と指摘した。

原題:Trump Says U.S. Re-Entering Pacific Trade Deal a ‘Possibility’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE