トランプ政権:北朝鮮に最大規模の追加制裁-船舶や商社など対象

更新日時

トランプ米大統領は23日、北朝鮮の核開発プログラムを巡り、同国に対してこれまでで最大規模の制裁を科すと発表した。

  今回の制裁は、金正恩政権の一層の孤立化を目指した取り組みの一環として、北朝鮮と取引のある運輸会社や商社、船舶に打撃を与えることが狙い。

  トランプ大統領はワシントン近郊で開かれる保守派との会合で制裁について明らかにした。ホワイトハウスが会合に先立ち明らかにした発表内容の一部によれば、大統領は「財務省は間もなく、北朝鮮が核開発プログラムと軍の維持に利用する資金と燃料の調達源をさらに断ち切る新たな措置を講じる。対象は北朝鮮の制裁逃れを手助けしている56の船舶、運輸会社、商社だ」と述べた。

  財務省の23日発表によれば、制裁の対象は1個人、27の事業体、船舶28隻。船舶の登録地や船籍は北朝鮮や中国、シンガポール、台湾、香港、マーシャル諸島など複数の国・地域に及ぶ可能性がある。

  トランプ大統領は今回の追加制裁で北朝鮮の核開発プログラムがストップしなければ、世界にとって「大変に不幸だ」とし、その場合には「フェーズ2は非常に手荒いものになるかもしれない」と述べた。オーストラリアのターンブル首相との共同記者会見で語ったもので、「成果があれば、素晴らしいが、それができなければ、何かが起きる必要があるだろう。だから、様子を見よう」とも発言した。

原題:Trump Announces Another Round of Sanctions Against North Korea(抜粋)
Trump Predicts ‘Very Rough’ Phase If North Korea Sanctions Fail (抜粋)

(最終段落にトランプ大統領の発言を加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE