Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

円急上昇で人気のキャリートレードに暗雲

  • キャリートレードの過去1カ月のリターンは1%超のマイナス
  • 調達通貨として円などの利用減りドルへの「ローテーション」も
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

今年に入っての市場の波乱が、最も確実な為替取引に暗雲をもたらした。

  低金利通貨で借り入れて高利回り通貨の資産に投資するキャリートレードは、人気の高い戦略だ。だが世界で最も調達コストの安い通貨が値上がりし、妙味を失いつつある。

  G10通貨の中で最も利回りの高い3通貨と最も低い3通貨を使ったブルームバーグの指標によると、こうしたキャリートレードを行った場合の過去1カ月のリターンは1%を超えるマイナスだった。

  株式市場の波乱は収まりつつあるが、円やスイス・フランなどの安全資産への需要は根強い。記録的水準にある円ショートポジションをキャリートレード参加者が巻き戻せば、円高を増幅する可能性もある。

  ロンドンの通貨コンサルタント会社アキュメン・マネジメントのディレクター、ケン・ベクスラー氏は、キャリートレードの「伝統的な調達通貨が変わる」ことを予想。円などの利用が減りドルへの「ローテーション」が起こるだろうとして、ドル安が加速するとの見方を示した。

原題:Popular Carry Trades Suffer Setback as Yen Surge Erodes Gains(抜粋)
Popular Carry Trades Are Set Back as Yen Surge Erodes Gains (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE