英閣僚が離脱方針で合意、マラソン協議の末-EUは受け入れ不可か

  • 英国は「自発的ベース」で一部のEU規則を維持へ-ハント保健相
  • メイ首相、3月2日にEU離脱交渉方針を演説で表明へ

英国のメイ首相は閣僚を集めて8時間にわたるマラソン協議を行った末に、欧州連合(EU)に対して野心的な通商協定を要求することで閣僚全員から支持を取り付けた。ただ、EUがこの要求を受け入れる公算は小さい。

英首相の公式別荘「チェッカーズ」に参集した閣僚ら(22日)

Photographer: Prime Minister’s Press Office via Getty Images

  主要閣僚の1人であるハント保健相が明らかにしたところによると、EUとの間で将来の通商協定に関する交渉が3月に始まる際、英国は自動車製造など主要産業が「自発的ベース」でEUの規則を維持できることを求める。メイ首相は交渉方針の概略を3月2日の演説で表明すると、首相報道官は述べた。

  ハント氏はBBCラジオの番組で「英国の規則をEUの規則に一致させることで閣僚が合意している分野や業種がある。それが重要な共通理解だ。供給網がEUと統合されている自動車業界は恐らく明白な例だろう。ただ、それは自発的なベースになる」と述べた。

  EU離脱を強く支持するジョンソン外相から残留派のハモンド財務相に至るまで、主要閣僚の合意を取り付けたメイ首相は、EU離脱方針の表明演説に向けて姿勢を整えることが可能になった。だが、来月の交渉でEUに要求を突き付けてからが本当の試練になる。欧州委員会はメイ首相がこれまで取ろうとしてきたアプローチを受け入れないと既に表明している。

原題:May Gets Cabinet Deal on Brexit Stance That EU Poised to Reject(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE