英RBS:10年ぶりの通期黒字-米司法省との決着遅れが重し

  • 第4四半期に訴訟費用7億6400万ポンドを引き当て
  • 17年通期は7億5200万ポンドの黒字、前年は69億6000万ポンド赤字

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の2017年決算は、10年ぶりの通期黒字となった。ただ、住宅ローン担保証券(MBS)を巡る米司法省との決着が遅れていることが祝賀ムードに水を差す。

  同行は復配のためにまず、米司法省と合意しなければならない。17年10-12月(第4四半期)には訴訟に絡む費用として約7億6400万ポンド(約1140億円)を引き当てた。

  23日の発表によると、17年通期損益は7億5200万ポンドの黒字。前年は約69億6000万ポンドの赤字だった。

原題:RBS Swings to First Profit in Decade But DOJ Probe Still Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE