米HPEの株価急伸、2-4月利益見通しが市場予想上回る

  • 2017年11月-18年1月期は11%増収-サーバー好調
  • 自社株買いと50%増配も発表-70億ドルを株主に還元へ

米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ (HPE)の2017年11月-18年1月(第1四半期)売上高は予想以上に伸び、2-4月(第2四半期)の利益見通しもアナリストの予想を上回った。メグ・ホイットマン氏の後任として2月1日に就任したアントニオ・ネリ新最高経営責任者(CEO)の下、業績改善への取り組みによる効果が表れ始めている。

  22日の発表資料によると、第2四半期の利益は一部項目を除いたベースで29-33セントを見込む。ブルームバーグ集計のアナリスト予想は26セントだった。第1四半期の売上高は、サーバーの販売が好調だったことで11%増加し、アナリストの予想を上回った。

  ネリ氏はインタビューで、ホイットマン前CEOの下で進められたコスト削減を継続する考えを示した。

  HPEは自社株買いや、5-7月(第3四半期)から50%増配を実施することで19年10月期までに70億ドル(約7500億円)を株主に還元する計画も発表。この日の時間外取引で、HPEの株価は一時20%上昇した。

原題:HPE Jumps After Profit Forecast Tops Estimates on Cost Cuts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE