Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

ビットコインなど仮想通貨取引、MiFID2適用対象

  • MiFID2適用なら仮想通貨商品の電子公告は禁止へ
  • プラス500やIGグループらが仮想通貨デリバティブを取り扱う
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

仮想通貨取引に対し、フランスの市場規制当局は厳しい規則の対象になると判断した。

  フランス金融市場庁(AMF)は、仮装通貨デリバティブのオンライン取引プラットフォームに対し、欧州連合(EU)の第2次金融商品市場指令(MiFID2)の適用対象になると結論づけた。AMFが22日発表した文書によると、これらプラットフォームはこれまで同業界で一般的だった商品の電子的な広告が禁止される。

  AMFは、「最近の仮想通貨ブーム」でオンライン取引プラットフォームはビットコインなどの仮想通貨に連動したバイナリーオプションやその他デリバティブを取り扱うようになったと指摘。このため当局は、プラス500やIGグループ・ホールディングスなどの商品の分析を進めたという。

原題:Bitcoin Faces Obstacle as France Clamps Down on Derivatives (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE