トランプ米大統領のインフラ計画、オーストラリアの年金が後押しへ

  • 豪年金業界、インフラ整備計画の資金調達支援案を提示する
  • ターンブル豪首相の訪米に年金基金の管理運用者も随行

米国の老朽化した道路や橋、空港を改修するトランプ米大統領の公約は、遠く離れたオースラリアの年金基金から思いも寄らない後押しを受ける可能性がある。

  ターンブル豪首相は今週のホワイトハウスでの首脳会談で、豪州の年金基金2兆5300億豪ドル(約212兆円)の一部を使ってトランプ米大統領のインフラ整備計画の資金調達を支援する案を提示する。世界4位の規模を持つ豪年金基金の管理運用に携わるマネーマネジャーも首相の訪米に随行する。

  チオボー豪貿易・投資相は訪米前のインタビューで、「米国のインフラを推進しようという極めて大胆な野心があり、オーストラリアはプロジェクト設計や建設、資金調達、管理の面で中心になるはずだ」と述べた。

  トランプ米大統領の1兆5000億米ドル(約161兆円)規模の公共事業計画は、議会で超党派の支持が確保できていない上、財源を巡る疑念もあり、ハードルに直面している。豪当局者らは、新たに借金することなく公有資産の売却やリースを通じて建設資金を調達する「アセット・リサイクリング」いう仕組みの成功に言及。財務相時代にこうしたイニシアチブの重要な推進派だったホッキー豪駐米大使は21日、「インフラとそのより良い導入に関しては、オーストラリアには米国の役に立つ事例がある」と語った。

Infrastructure Appetite

Australia's large funds are increasingly focusing on infrastructure opportunities

Source: APRA

* Assets allocated to infrastructure by institutionally-run funds. Excludes self-managed funds

原題:Trump Infrastructure Plan Gets $2 Trillion Nudge From Australia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE