ドイツ銀、顧客事業をロンドンから移転開始-銀行の英脱出が始まる

  • 世界のブッキングセンターについて顧客への説明を21日に開始した
  • 移行期についての合意ができない限り、移転を年内に完了させる計画

ドイツ銀行は21日、顧客業務を英国から欧州大陸に移す計画の開始を発表した。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けた銀行の英国脱出が本格的に始まりそうだ。離脱の移行期についての合意ができ、時間的余裕があることが判明しない限りは、移転を年内に完了させる計画だという。

  ドイツ銀は発表資料で「世界のブッキングセンターについて顧客への説明を21日に開始した」とし、「英国のEU離脱が予定されている時点まで1年2カ月を切っていることを考えると、今プロセスを開始するのが慎重な行動だと考える」と説明した。

  ドイツ銀は先に、英EU離脱後はフランクフルトを法人・投資銀行のブッキングセンターとする方針を発表していた。数百人のトレーダーと最大2万件の顧客口座に影響し得る。ただ、投資銀幹部のシュテファン・ホープス氏は今年、トレーディング事業の中心はロンドンにとどまると述べている。

原題:Bank Brexodus Gets Closer as Deutsche Bank Relocates Booking (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE