英銀ロイズ:10-12月20%減益、テクノロジー投資・自社株買いを発表

  • 30億ポンド強のテクノロジー投資と最大10億ポンドの自社株買いへ
  • 税引き前利益は7億8000万ポンド、予想8億7700万ポンド

住宅金融で英最大手ロイズ・バンキング・グループの2017年10-12月(第4四半期)決算で、税引き前利益が前年同期比20%減少した。

  同行は21日、決算と同時に新たな3年間の戦略プランを発表。30億ポンド(約4500億円)強のテクノロジー投資と最大10億ポンドの自社株買いの計画を示した。

  10-12月期の税引き前利益は7億8000万ポンドと、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト4人のコンセンサス(8億7700万ポンド)を下回った。支払保証保険(PPI)の不当販売に絡む補償のため6億ポンドを費用計上したことが重しになった。

原題:Lloyds to Invest $4.2 Billion in Digital Push, Buy Back Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE