モルガンSの債券資本市場責任者チビティーロ氏が死去-43歳

米銀モルガン・スタンレーの債券資本市場グローバル責任者を務めていたレオ・チビティーロ氏が死去した。43歳だった。

  米コネティカット州ハートフォードクーラントのオンライン死亡欄によれば、チビティーロ氏は17日に亡くなった。死因は明らかでない。同氏はJPモルガン・チェースを経て、2004年にモルガン・スタンレー入り。債券資本市場責任者に起用される前は、北米・中南米の自治体・企業向けデリバティブ(金融派生商品)のストラクチャリング業務を統括していた。

  モルガン・スタンレーは「レオ(チビティーロ氏)は素晴らしいパートナーであり、同僚であり、友人だった。彼を今回失ったことを深く悲しんでおり、ご遺族にお悔やみを申し上げる」と20日にコメントを発表した。

  チビティーロ氏には妻と3人の娘があり、両親も健在。遺族のコメントを求めて電話で連絡を取ったが、これまでのところ返答はない。

原題:Civitillo, Morgan Stanley Debt Capital Markets Head, Dies at 43(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE