バフェット氏、新聞事業の縮小を一段と進める-広告収入の減少響く

  • バークシャー傘下のBHメディア、全従業員数約6%削減へ
  • アトランティックシティーとリッチモンドの新聞でも人員を減らす

バフェット氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米資産家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資・保険会社のバークシャー・ハサウェイは、人員削減を通じ新聞事業の縮小を進めている。

  20日の発表資料によれば、バークシャー傘下のBHメディア・グループは148人を減らすとともに、現在空席となっている101のポスト向けに人材を採用しないことで、全体の従業員数を約6%減らす。広告収入が落ち込んでおり、経費削減を進める。

  これとは別にバークシャー系の新聞2紙も人員を削減する。プレス・オブ・アトランティックシティーは20日、空席となっている4つを含め16のポストを削減したと発表。バージニア州のリッチモンドタイムズ・デスパッチも従業員を減らしている。

  BHメディアのリサ・カップ最高マーケティング責任者は人員削減を確認。バフェット氏の新聞グループは昨年、108の空きポジションを含め289人をらした。

原題:Buffett’s Berkshire Cutting More Jobs Across Newspaper Group (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE