シリアとトルコ間で軍事衝突の恐れ-アサド政権部隊がアフリン入り

  • トルコ側の侵攻に対し国民守るため民兵が向かう-シリア国営テレビ
  • トルコはシリア政権部隊のアフリン入り否定
Photographer: Anadolu Agency/Anadolu

シリア北西部アフリンを支配するクルド人勢力に越境攻撃を続けるトルコ軍に対抗するため、アサド政権側の部隊がアフリンに入った。シリア国営メディアが報じたもので、シリア、トルコ両国間で直接的な衝突が生じる恐れが高まっている。

  シリア国営テレビによると、「トルコ側の侵攻に対しシリア国民を守る」ことを目的にアサド政権側の民兵組織がアフリンに向け出発した。トルコ軍は国内で分離独立を求めるクルド労働者党(PKK)と連携しているとして、先月20日に国境沿いのアフリンからクルド人民兵組織「人民防衛部隊」(YPG)を掃討するため、シリアに入っていた。

  トルコのエルドアン大統領は、アサド政権を支持しているロシアのプーチン大統領と19日遅くに電話協議したことで、アサド政権側部隊のアフリン入りを阻止していると言明していた。トルコ国営アナトリア通信はシリア政権部隊のアフリン入りを否定している。

  同通信によると、トルコは20日、アフリン近郊の部隊を増強するため約1200人を増派した。エルドアン政権はYPG掃討だけが攻撃の目的であり、この目的を達成すればトルコ軍は撤退すると主張している。

  軍事的な衝突懸念が広がり、20日のトルコ・リラは米ドルに対し大幅下落。一時1.3%安の1ドル=3.8083リラまで売られた。

原題:Risk of Syrian Clash With Turkey Rises as Forces Enter Afrin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE