トランプ大統領、銃の改造部品禁止を司法省に指示

  • 大統領報道官はさらなる銃規制の可能性否定せず
  • 大統領は銃乱射事件に遭遇した教師や生徒、両親と21日に面会
M4 carbine Photographer: Luke Sharrett
Photographer: Luke Sharrett

トランプ米大統領は20日、半自動小銃の高速連射を可能にする「バンプストック」と呼ばれるアクセサリー(銃改造部品)の使用を禁止する規制の策定を司法省に指示した。サンダース大統領報道官はフロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件で使われたような「AR-15」式半自動小銃に関して、購入規制を支持する可能性を否定しなかった。

  トランプ大統領はホワイトハウスで、「私は司法長官に合法的な武器をマシンガン(機関銃)に変える全ての装置を禁止する規制を提案するよう指示する覚書に署名した」と述べ、「これらの重要な規制が早期にまとまることを期待している」と同席したセッションズ司法長官に伝えた。大統領はまた、銃による暴力に対し政府が「証拠に基づく解決策」に力を注ぐべきだとの考えを示した。

  サンダース報道官は記者説明会で、10年以上前に失効した殺傷能力の高い攻撃用武器を禁止する連邦法の復活をトランプ政権が支持するかとの質問に対し、「いかなる方面の可能性にもわれわれはドアを閉ざしていない」と発言。フロリダ州の乱射事件で10代の容疑者が使用したような半自動小銃の購入で、連邦法で年齢制限を設けるべきかどうかは「まだ決まっていない」と語った。

  大統領報道官によれば、トランプ大統領はフロリダ州の銃乱射事件について話し合うため、事件に遭遇した教師や生徒、その両親と21日、警察関係者と週内に面会する予定。

原題:Trump Orders Ban of Rifle ‘Bump Stocks’ After Florida Shooting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE