ギャップ:旗艦ブランドCEO退社・後継者探しを発表、株価急落

米衣料品チェーン、ギャップの株価が20日の米株式市場で急落。同社は経営が安定性を欠き、利益の伸びが期待外れに終わったことから、旗艦ブランド「ギャップ」の経営トップを交代すると発表。これが嫌気されて、株価はここ1年3カ月で最も大きく下げる場面もあった。

  ギャップの20日発表によると、ギャップブランドを統括するジェフ・カーワン社長兼最高経営責任者(CEO)は即日退社し、後任選びの作業が進んでいる。その間はギャップのエグゼクティブ・バイス・ プレジデント(EVP)のブレント・ハイダー氏が暫定的に部門を統括する。

退社したジェフ・カーワン氏

Neilson Barnard / Getty Images

  カーワン氏が同ブランドCEOに就任した2014年以降の15四半期では、13四半期において注目度の高い既存店売上高が減少した。競合の激化、消費者の関心が衣服よりも実体験やハイテク関連へとシフトしていることを受けた被服費の減少が背景にある。

  20日の取引でギャップの株価は一時7.6%安と、2016年11月以来最大の日中下落率を記録。米東部時間午後2時過ぎ現在では前日比4.8%安の31.66ドルとなっている。

原題:Gap Sinks After CEO of Ailing Flagship Brand Is Sent Packing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE