米食品スーパー、アルバートソンズがライト・エイドを買収へ

米食品スーパー、アルバートソンズがドラッグストアの米ライト・エイドを買収する。米国の小売りとヘルスケア業界で再編が加速するとみられている。

  両社発表によれば、ライト・エイドの株主には選択肢が与えられ、アルバートソンズの普通株1株と約1.83ドルの現金、あるいは同普通株1.079株のどちらかを受け取ることができる。アルバートソンズの株主は合併後の新会社の70.4-72%を保有する。

  米紙ウォールストリート・ジャーナルが20日、これより先に同買収を報じたところによれば両社合わせた価値は債務も含めて約240億ドル(約2兆5721億円)。

  ライト・エイドは昨年、米ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスへの身売りで合意したが、反トラスト法(独占禁止法)を巡る当局の審査を受け、店舗売却へと合意内容を縮小した。

原題:Albertsons to Buy Rite Aid in Cash-and-Stock Deal (Correct)(抜粋)
Albertsons to Buy Rite Aid for Cash and Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE