米株に強気、減税と財政支出で「比類ない」利益拡大-ブラックロック

  • 減税と支出の影響を投資家はまだ過小評価している
  • 米国株の判断を「ニュートラル」から「オーバーウエート」に変更

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックは米国株に強気に転じた。米企業利益の伸びは既に力強いが、米政府の減税と財政支出がこれにさらに勢いを与えると指摘した。

  最近の相場下落でバリュエーションが幾分魅力を増したため、米国株の判断を「ニュートラル」から「オーバーウエート」に変更したと、世界主任投資ストラテジストのリチャード・ターニル氏が説明した。

  「景気の強さが既に利益拡大のモメンタムを変化させているが、米国の減税と政府支出の計画がこのトレンドをあおる」と同氏はリポートに記述。「利益見通しの上方修正は世界的に活発だが、米国の勢いは比類がない」と指摘した。

  減税と支出の影響を投資家はまだ過小評価しているとし、バリュエーションは歴史的に見て高水準だが、景気循環の今の段階では短期的に、利益拡大の方が重要な要素だと解説した。

原題:BlackRock Says Buy U.S. Stocks as Tax Plan Supercharges Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE