英HSBC:10-12月利益は市場予想下回る-貸出利ざや縮小で

更新日時
  • ガリバーCEOは今月退任し、ジョン・フリント氏が後任に就任する
  • ローン減損費用も10-12月利益の重しとなった

英銀HSBCホールディングスが20日発表した昨年10-12月(第4四半期)の利益は、アナリスト予想に届かなかった。貸出利ざやが縮小したほか、顧客2社に関連するローン減損費用を計上した。

  10-12月期の調整後税引き前利益は36億ドル(約3840億円)と、ブルームバーグが調査したアナリスト予想の下限を下回った。ローン減損費用は1億8800万ドル増加。HSBCは欧州の借り手2社が主な原因だったと説明した。

  7年間CEOを務めた後に今月退任するスチュアート・ガリバー氏にとって、今回は最後の決算発表となった。後任にはジョン・フリント氏が就任する。ガリバーCEOの下で利益が予想を上回るのに慣れていた投資家にとって、今回は珍しく予想を下回った。ブルームバーグのデータによると、調整後純利益は前回までの7四半期のうち6四半期で予想を上回っていた。ガリバー氏は任期の多くを同行の世界的ネットワークの縮小に費やし、約100事業・18カ国から撤退した。

  10-12月期の純金利マージンは前年同期から減少。HSBCは顧客への貸出金利回りの低下や、欧州やアジアでの利ざや縮小を理由に挙げた。
  
原題:Gulliver Ends HSBC Tenure With Rare Profit Miss on Margins (2)(抜粋)

(3段落目以降に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE