Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ヘッジファンド、テクノロジー株を売り越し-14年来の上昇相場逃す

  • ナスダック100指数先物を売り越し、11年以降で最も弱気-CFTC
  • 先週の同指数は5.6%高、14年10月以来最大の上昇率
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

主要投資家の一角が、2014年以降で最大のテクノロジー株の上昇相場を逃した。

  米商品先物取引委員会(CFTC)が集計した2月13日までの週間データによると、ヘッジファンドや他の大口投機家は1年9カ月ぶりにナスダック100指数先物を売り越した。その上、同グループは11年以降で最も弱気になった。一方、テクノロジー株の比率が高い同指数は16日までの5日間で5.6%高と、14年10月以来最大の上昇率を記録した。
          

  先週はテクノロジー株がS&P500種株価指数の反発を主導したが、ナスダック100指数の下げを見込んだ賭けは株価に上昇余地があることを示唆し得る。ヘッジファンドは今後、苦痛に見舞われるかもしれないが、ショートカバーによって最近の相場急落後の戻りに拍車がかかる可能性がある。

  ナスダック100指数に連動する投資成果を目指す総資産610億ドル(約6兆5000億円)の上場投資信託(ETF)「パワーシェアーズQQQトラスト・シリーズ1」では、9日までの5日間に約40億ドルが流出。2000年のドット・コム・バブル以降で最大の流出額となった。

原題:Hedge Funds Turn Short on Tech Just as Stock Rally Takes Off (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE