Photographer: Jason Alden/Bloomberg

インフレと賃金上昇、実は株価にプラス-JPモルガン

  • 企業の収益性を決定づけるのは生産と販売量の見通し
  • コスト圧力上昇は通常、健全な経済環境を示す
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

投資家は最近の株安に動揺しているが、インフレ加速と賃金上昇が企業利益の重しになるという懸念は行き過ぎている。JPモルガン・セキュリティーズのストラテジストらが指摘した。

  同社の世界株式ストラテジスト、ミスラフ・マテイカ氏は、企業の収益性を決定づけるのは生産と販売量の見通しであり、賃金上昇ではないと論じた。同氏らJPモルガンのストラテジストはリポートで「シクリカル銘柄も株式相場全体も、コスト上昇が始まった時点で下落することはあまりない。こうしたコスト圧力上昇は通常、健全な経済環境を示すものだからだ」と書いている。

  生産と増収率が期待を下回り始めたら、その時に売りを考えるべきだと呼び掛けた。

原題:JPMorgan Says Inflation, Rising Wages Actually Good for Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE