トランプ氏:マクマスター補佐官のロシア巡る発言にツイートで注文

  • 大統領選結果にロシアの影響なしと補佐官は言うべきだった
  • 唯一の共謀はロシアとクリントン氏、民主党によるものとトランプ氏

トランプ米大統領は17日、マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障担当)がロシアによる大統領選介入疑惑について発言した際、トランプ氏の勝利はロシアに影響されたわけではないと説明すべきだったと指摘した。

  トランプ大統領はツイッターへの投稿で、「マクマスター中将は2016年大統領選の結果にロシアが影響を及ぼしたり、左右したりすることはなかったということと、唯一の共謀はロシアといかさまH、民主党全国委員会、民主党議員によるものだったということを言い忘れた」と述べた。「H」はトランプ大統領が使うヒラリー・クリントン氏の呼び名。

  マクマスター補佐官は17日、ミュンヘン安全保障会議で、ロシアは米国を混乱させる目的で「高度な情報活動」を行っているが、成果を得ていないと発言。違法な選挙干渉を行ったとしてモラー米特別検察官が16日、ロシアの個人13人や企業を訴追したと発表したことに言及していた。

原題:Trump Rebukes McMaster for Not Defending 2016 Election Result(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE