コンテンツにスキップする

中国の海航、ドイツ銀出資比率を8.8%に引き下げ-今後は水準維持へ

更新日時
  • これまでの持ち分比率は9.9%だった-海航の財務、厳しさ増す
  • 海航はドイツ銀にとって重要な投資家であり続けるとコメント

ドイツ銀行の筆頭株主である中国の海航集団(HNAグループ)は、同行の持ち分を減らした。海航は積極的な買収戦略を進めてきたが、財務面で厳しさが増している。

  海航は2月初めにドイツ銀の出資比率を9.9%から約8.8%に引き下げた。海航の持ち分を管理しているC-クアドラットの広報担当者が16日の電子メールでコメントした。今後はこの水準で持ち分を維持していく意向であることも示した。

  C-クアドラットは海航の「持ち株をさらに減らすことは計画していない。海航はドイツ銀にとって重要な投資家であり続ける」と説明した。

原題:HNA Plans to Keep Deutsche Bank Stake at 8.8% After Cuts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE