米化学のライオンデルバセル、Aシュルマンを22.5億ドルで買収へ

  • 買収により高成長市場への参入が可能に-パテルCEO
  • 買収完了は2018年下期の見込み、2年で1.5億ドルのコスト削減も

総合化学品メーカーの米ライオンデルバセル・インダストリーズは特殊プラスチック樹脂を手掛けるAシュルマンを、債務も含め22億5000万ドル(約2400億円)で買収することで合意した。

  ライオンデルバセルのボブ・パテル最高経営責任者(CEO)は15日の発表文で、今回の買収により、自動車セクターの域を越えてパッケージングや電子機器、建設など「高成長のエンドマーケットに参入することが」可能になると指摘した。買収は今年下期に完了する見通し。

Expanding Reach

Lyondell polypropylene compounding business plus A. Schulman, combined revenue by market

Source: LyondellBasell

*Full category labels: Building & Construction and Electronics & Electric

  今回の統合で、ライオンデルバセルの利益は買収完了後の最初の1年間に増加する見通し。同社は2年間で1億5000万ドルのコスト削減を見込んでいる。

  ライオンデルバセルはAシュルマン株1株につき42ドルを支払い、債務も引き継ぐ。

原題:LyondellBasell to Buy Schulman in $2.25 Billion Plastic Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE