豪副首相、突然の休暇取得-元側近の女性の妊娠巡る報道続く中で

  • ジョイス副首相は来週の首相訪米中に首相代行を務めるはずだった
  • 24年の結婚生活に終止符、元側近の女性との間に子ども生まれる予定

バーナビー・ジョイス氏は恐らく休暇を取りたい気分なのだろう。

  このオーストラリア副首相はここ1週間余り四面楚歌の状態に置かれている。24年間連れ添った妻と別れ、かつて自身のメディア対応アドバイザーを務めていた女性との間に子どもが生まれることが発覚し、同国メディアは連日この話題で持ちきりだ。

ジョイス副首相

撮影:Stefan Postles / Getty Images

 ジョイス副首相(50)は来週、ターンブル首相がトランプ米大統領との首脳会談のためにワシントンを訪問する間、首相代行を務めることになっていた。しかし首相は15日、ジョイス氏が休暇を取ると豪議会に通知。野党からは体面を保つためのその場しのぎの方策に思えるとの指摘が即座に上がった。

  ターンブル首相訪米時の首相代行はコールマン金融相が務めることになる。ジョイス副首相は15日、「個人的な問題にこれほどまでに世間の関心が向けられた。家族とパートナーを支えるため」休暇を取得したいとコメントした。

  ジョイス氏は当面、副首相の座にはとどまる。

題:Joyce Takes Abrupt Vacation, Won’t Lead Australia Next Week (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE