最も惨めな国リスト、2018年版-ハイパーインフレ国が4年連続1位

  • 悲惨さ1位はベネズエラで4年連続-ブルームバーグのミザリー指数
  • 日本は悲惨さの程度が小さい方でスイスと同点3位
Customers stand in line to buy unregulated meat from a street vendor during a beef shortage in Caracas, Venezuela, on Monday, Dec. 18, 2017. Photographer: Wil Riera/Bloomberg
Photographer: Wil Riera/Bloomberg

失業より物価上昇の方が、2018年の世界経済には脅威だ。66カ国・地域のインフレと失業の見通しを基に算出するブルームバーグのミザリー(悲惨)指数が示唆した。

  経済面で今年、世界で最も惨めな国になると予想されるのはベネズエラで、4年連続。点数は17年の3倍余りに上昇した。2位は南アフリカ共和国、3位にアルゼンチンと続く。

  悲惨さの程度が最も小さい国は昨年に続いてタイだったが、同国の失業データの計算方法は独得。2位はシンガポール、3位は日本とスイスが同点で入った。

  このほか、メキシコはインフレが以前よりコントロール可能となったことで順位が大きく改善。逆にルーマニアはインフレ高進で惨めさを増した。

  ブルームバーグのミザリー指数は、低インフレで失業が少なければ通常、その国・地域の暮らしに快適さが感じられるという旧来型の考えに基づいている。このため、低めの数値が誤って解釈される可能性はあり、注意が必要だ。例えば物価が継続的に安ければ、需要低迷の兆しかもしれない。

  18年の指数はおおむね、引き続き全体的に明るい世界経済見通しを示唆した。だが、ハイパーインフレに見舞われているベネズエラは例外だ。多くのエコノミストは同国の実際の物価上昇率の計算を諦めている。国際通貨基金(IMF)は昨年のインフレ率が約2400%、今年が1万3000%との推計を1月に示した。

原題:Most Miserable Economies of 2018 Stay Haunted by Inflation Beast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE