コーエン氏のポイント72、アマゾン株への投資拡大-最大保有銘柄に

  • アマゾン株を12%強買い増し、昨年末時点で3.8億ドル相当保有
  • アナダルコとEAにも投資、タイム・ワーナーの保有は縮小

資産家スティーブン・コーエン氏のファミリーオフィス、ポイント72アセット・マネジメントは昨年10-12月(第4四半期)に米アマゾン・ドット・コムへの投資を拡大し、アマゾンのポジションは昨年末時点で同社が保有する米株式で最大となった。

  14日の当局への届け出によれば、ポイント72はアマゾン株を12%余り(約3万6000株)買い増し、持ち分は時価総額で3億8310万ドル(約408億円)となった。アマゾンは昨年7-9月(第3四半期)にはタイム・ワーナー、アルタバに続く3位の保有銘柄だったが、その後、両銘柄のポジションは縮小。現在はアナダルコ・ペトロリアムが2位、エレクトロニック・アーツ(EA)が3位となっている。

  届け出によれば、コーエン氏の資産を運用するポイント72は、昨年10-12月期に272銘柄を売却、292銘柄を新規取得し、年末時点で734銘柄(時価総額で約185億ドル相当)を保有。一般消費財と金融銘柄への投資を2%程度拡大する一方、ヘルスケア銘柄への配分を同率縮小した。

原題:Amazon.com Becomes Biggest Position at Steven Cohen’s Point72(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE