Photographer: Kiyoshi Ota

ドル・円が一時107円台割れ、1年3カ月ぶり-日本株安で円買い加速

更新日時
  • 一時106円84銭と2016年11月以来の円高水準
  • 米CPI強いと米金利上昇、株安でドル・円売られる可能性-CIBC

東京外国為替市場ではドル・円相場が続落し、一時1年3カ月ぶりに1ドル=107円台を割り込んだ。日本株の下落を背景にリスク回避に伴う円買いが強まった。

  ドル・円相場は14日午後4時20分現在、前日比0.6%安の107円22銭。午前10時の仲値にかけて107円90銭まで強含んだ後、日本株の下落に連れて水準を切り下げ、昨年9月の安値(107円32銭)を下回った。107円ちょうど付近でいったんもみ合ったが、正午過ぎに107円台を割り込むと一時106円84銭と2016年11月以来の安値を付けた。その後は日本株の下げ幅縮小に伴い107円台前半まで値を戻した。

  外為どっとコム総研の神田卓也取締役調査部長は、ドル・円の107円割れは「日本の昼休み中で少し仕掛け的な動きが目についた印象」だが、昨年安値を割り込んでしまったことで、「下方向のモメンタムが強まりやすい流れはできている」と指摘。「どこで反転するのか見極めたいところだが、まだすぐにはそのポイントが見つかりそうにない」と話した。

  東京株式相場は3日続落。前日の米国株の上昇を受けて、日経平均株価は反発して始まった後に下落に転じ、午後には一時300円近くまで下げ幅を拡大して昨年10月以来の安値を付けた。

  円は前日に続いて主要10通貨に対して全面高。米長期金利の低下を背景にドルは全面安となっている。

  CIBC証券金融商品部の春木康部長は、「基本的に107円32銭割れなら105円までの下落が視界に入るが、目先は2016年以降のレンジの61.8%戻しの106円52銭もチャートポイントとして意識されそう」と指摘。その上で、この日米国で発表される物価指標が強ければ「米金利上昇・米株安となりそうで、ドル・円は売られる可能性が大きい」と話した。

  ブルームバーグ調査によると、1月の米消費者物価指数(CPI)は前月比0.3%上昇が見込まれている。昨年12月は同0.2%上昇だった。1月の米小売売上高は前月比0.2%増と12月の0.4%増から伸びが鈍化すると予想されている。米国では1月の雇用統計で賃金上昇率の加速が示されたのを受けて利上げペース加速懸念から債券利回りが急騰、株式相場の急落につながった。

CPIのプレビューはこちらをご覧ください。

  ユーロ・円相場は1ユーロ=133円台前半から一時0.6%安の132円36銭までユーロ安・円高が進行。一方、ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.23ドル台半ばから一時0.3%高の1.2392ドルと、今月7日以来の水準までユーロ高・ドル安が進んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE