ドル・円「107円抜けると止まりにくい」、円高加速で105円視野との声

  • 14日中にも昨年9月安値107円32銭を割り込む可能性と上田ハーロー
  • みずほ証券は3者会合と円高けん制の口先介入を予想

株式市場が不安定な動きを続ける中、円高が加速するリスクが高まっている。ドル・円相場は昨年9月安値の1ドル=107円32銭を意識した展開となっており、この水準を下回れば2016年11月以来の105円が次の下値のめどになるとの見方が出ている。

  上田ハーロー外貨保証金事業部の山内俊哉マーケット企画部長は、シカゴ通貨先物の円ショートポジションの解消がある程度進まなければ円買いにブレーキはかからないとし、「107円を抜けてしまうと止まりにくい」と指摘。1月の米消費者物価指数で物価の加速が示され米国株が再び下落すれば、ドル・円は14日中にも107円32銭を割り込む可能性があるとみる。107円を割れると110円辺りでドル・円を買った「個人も投げざるを得ないだろう」と予想。2016年6月から同年12月の高値の61.8%戻しの106円半ばでいったん止まる可能性はあるものの、「市場としては105円を視野に入れてくるだろう」と話す。

  みずほ証券の山本雅文チーフ為替ストラテジストは、107円32銭を下回る水準は16年11月の米大統領選後のドル・円の急上昇局面にあたり、テクニカル面での強いサポートがないとリポートで分析。107円割れの水準が続けば特に中堅・中小企業の業績に悪影響が出るため、財務省、金融庁、日銀による3者会合が14日に行われ、終了後に浅川雅嗣財務官が円高けん制の口先介入を行う可能性が高いとした上で、「円高圧力を弱めるには『必要なら断固たる措置を取る』といったより強い表現が必要」と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE