米家計の債務残高、過去最大を更新-昨年10~12月のNY連銀統計

ニューヨーク連銀が13日に発表したデータによると、米国の家計の債務残高は2017年10-12月(第4四半期)に合計13兆1000億ドル(約1410兆円)となり、4四半期連続で過去最大を更新した。

  債務残高は1つの構成項目以外はいずれも前期から増加。クレジットカードが3.2%増え、07年以降で2番目の大きさとなったほか、自動車ローンは過去最大を記録。それと同時に、90日以上返済が滞ったローンの比率は、クレジットカードが7.55%と16年1-3月(第1四半期)以来の高水準、自動車ローンは4.05%と12年以来の高水準となった。

  90日延滞の全体的なシェアは3.19%から3.12%に低下。住宅ローンと学生ローンでの低下が貢献した。

原題:Americans’ Debt Hits Record as Credit-Card Borrowing Increases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE