フォッシル:時間外で株価急騰-ウエアラブル好調で予想外の増収確保

  • 2017年のウエアラブル端末売上高は3億ドルと2倍近く増加
  • 昨年第4四半期の既存店売上高は2%増-アナリスト予想は6%減

13日の米株式市場の時間外取引で、ファッションアクセサリーの製造・販売を手掛けるフォッシル・グループの株価が一時60%急騰した。新たなウエアラブル技術や電子商取引の需要を追い風に、ホリデーシーズンを含む昨年10-12月(第4四半期)に予想外の増収を達成した。

  発表資料によると、第4四半期の既存店売上高は2%増加。コンセンサス・メトリックス集計のアナリスト予想は6%減だった。今回の数字は、スマートウオッチなどウエアラブル端末市場でフォッシルがようやく前進しつつあることを示唆している。同社のウエアラブル端末の昨年通期の売上高は2倍近く伸びて3億ドル(約320億円)余りに達し、腕時計の売上高の14%を占めた。同社は自社ブランドに加え、「マイケル・コース」「アルマーニ」などのブランドの腕時計も製造している。

原題:Fossil Soars as Wearable Technology, E-Commerce Fuels Sales (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE