クリーブランド連銀のメスター総裁をFRB副議長に検討-関係者

更新日時
  • メスター総裁は選出作業チームに強い印象与えたが最有力候補なし
  • クラリダ、エラリアン、ウィリアムズ3氏も候補として検討

ホワイトハウスはクリーブランド連銀のメスター総裁を米連邦準備制度理事会(FRB)の次期副議長候補として検討している。事情に詳しい関係者1人が匿名を条件に明らかにした。

  同関係者によると、メスター総裁はFRB副議長の選出を行っているチームに強い印象を与えたが、現段階で次期副議長の最有力候補者はいないという。FRB内で副議長は2月5日にイエレン前FRB議長の後任に就いたパウエル議長に次ぐ地位。

  トランプ政権は昨年10月に退任したフィッシャー副議長の後任を数週間にわたり探してきた。ホワイトハウスはサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁や、アリアンツの首席経済顧問モハメド・エラリアン氏も候補として検討している。

  メスター総裁が副議長候補の1人と13日に先に報じた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によれば、パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のリチャード・クラリダ氏も面接を受けた。 

  元FRB理事で経済コンサルタントを務めているローレンス・リンゼー氏は2月5日、副議長候補を辞退すると述べた。

原題:Cleveland Fed’s Mester Said to Be Considered for Vice Chair (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE