ゼロックスと富士フを株主提訴、買収差し止めと合意解消求め (訂正)

訂正済み

ゼロックスの3位株主であるダーウィン・ディーソン氏は、経営権を富士フイルムホールディングスに譲る計画は不正に基づいており、取締役会は守秘義務を怠ったとして、この計画の差し止めと合意の解消を求め、マンハッタンのニューヨーク州裁判所で訴訟を起こした。一方的な取引でゼロックスの株主をないがしろにしていると主張している。

  被告には富士フイルム、ゼロックスおよび同社取締役会メンバー、ゼロックス元会長兼最高経営責任者(CEO)のウルスラ・バーンズ氏の名が挙がっている。

  13日の米株式市場でゼロックス株は下落し、米東部時間午前11時14分現在では前日比1.5%安。

原題:Xerox’s No. 3 Shareholder Sues to Block Fuji Takeover Deal (1)(抜粋)

(記事中第2段落を「被告」に訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE