米ペプシコ:10-12月は菓子販売が良好-通期見通しは市場予想下回る

米食品・飲料メーカー、ペプシコが発表した10ー12月(第4四半期)決算は、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。スナック菓子部門、フリトレーの北米販売増が貢献し、飲料事業の不振を補った。

  10ー12月期中核事業の1株当たり利益は1.31ドルと、アナリスト予想平均の1.30ドルを上回った。売上高は195億ドル、アナリスト予想は194億ドルだった。

  2018年の利益見通しは1株当たり5.70ドルと、市場予想平均を8セント下回った。

原題:PepsiCo Leans More Heavily on Snacks as Beverages Fizzle (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE