ドイツ:社会民主党が新党首指名へ-大連立への道筋整備

  • アンドレア・ナーレス氏を党首代行に指名へ
  • ナーレス氏は先週の連立合意を支持、党員説得へ

ドイツの社会民主党(SPD)は13日に新党首を指名する。党内の混乱を抑えメルケル首相の与党会派との大連立に向けて道筋を整える。

  党指導部は13日ベルリンで会議を開き、アンドレア・ナーレス幹事長(47)を党首代行に指名する予定。投票前だとして関係者が匿名を条件に述べた。同氏はマーティン・シュルツ氏から党首の役割を引き継ぐ。

  シュルツ氏は選挙での大敗に加え新連立政権での自身の役割について姿勢が定まらず、交代を余儀なくされた。ナーレス氏は先週の連立合意を支持しており、大連立実現に後ろ向きな党員らの説得に当たる。

原題:German SPD Turns to Former Rabble-Rouser to Sell Merkel Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE